先端的弁護による
冤罪防止プロジェクト

日本の刑事司法が正常に機能していない一因として、徹底した弁護活動をやり切れない弁護人の側にも問題があることは否定できません。
この問題意識のもとに、我々は冤罪の可能性のある事件に対して、二つのことを行います。
まず、先端的な刑事弁護活動をおこなっていることで著名なアドバイザー弁護士の協力を得て、弁護活動の後方支援あるいは共同弁護態勢をつくります。
さらに、それにともなう資金を提供します。
弁護方針や具体的手法あるいは資金などにおいて困難な冤罪事件に立ち向かわれている弁護人の皆様は、ぜひ当プロジェクトのこれらの支援をご利用ください。

先端的弁護による冤罪防止プロジェクト実行委員会 委員長
一般財団法人プロフェクト大谷司法支援基金 理事長
白 浜 徹 朗

お知らせ